店舗分野を選択して下さい
上記のタグをクリックすると該当分野の店舗が表示されます。 50音で調べる場合は上部のメニュータブから「店舗情報」を選んでください。
DVD
歩行者天国


ハウディーモールの日曜祭日は
歩行者天国です。
昭和47年からずっと続いています。中心地に公園がないので、商店街でも市民の皆様が公園の快適さを味わえるよう樹木や街灯の管理を心がけております。

カテゴリー

大道芸・旅芸/ギリヤーク尼崎

ギリヤーク尼ヶ崎(ぎりやーく あまがさき)

大道芸人、舞踊家。

1930年8月18日、北海道札幌生まれ。幼少時より、門附芸人や角兵衛獅子などの大道芸に親しむ。青年時代は邦正美に師事して創作舞踊を学び、全国合同公演に参加するなど舞踊家として活動する。30代には自らの芸を極めるため大道芸に転向、1968年に38歳で初めて街頭公演を行う。以後「鬼の踊り」(命名は画家の林武)と称される独特の舞踊が賞賛を受け、「最後の大道芸人」(前時代的なプロフェッショナル意識に対する賞賛の意)と呼ばれる。1975年以降はフランス、アメリカ、韓国、サハリン、中国など海外での公演も実施、1981年から文化庁芸術祭に参加。1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災に強い衝撃を受け、同年2月17日に被災地神戸市長田区の、焼け野原になった菅原市場で鎮魂の踊りを舞う。これ以後、自身の芸風も「鬼の踊り」から「祈りの踊り」へと変化したという。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件に際しては、1年後の2002年9月11日にニューヨークで鎮魂の舞を舞う。2007年、赤報隊事件から20年、またJR福知山線脱線事故から2年を迎えるこの年に合わせ、春季公演で上記の震災・NYテロとともに鎮魂の踊りを舞う。2011年5月7日、宮城県気仙沼市浜町へ。津波による廃墟の中で、東日本大震災追悼のための「祈りの踊り」を踊る。